意外と知らないほうじ茶の製法の記事のサムネ画像です。

意外と知らないほうじ茶の製法

ほうじ茶はJeremy&Jemimahの中でも人気の味で、甘さ控えめで香ばしさのある味があるのが特徴的です。

今回は名前は知っているけど、ほうじ茶がどういったお茶なのか書いて行きます!

ほうじ茶とは
日本の緑茶の一種であり、茶葉を焙じた(火であぶり湿り気を無くして)ものです。一般に、煎茶や番茶、茎茶を焙煎したものです。ほうじ茶は独特の香ばしさがあり、苦みや渋みはほとんどなく、口当たりはあっさりしている。刺激が少なく胃にやさしいため、食事中のお茶に向いています。

 

上質な葉を選りすぐった高価なものもあるが、格は玉露や煎茶より下位、一般に番茶や玄米茶などと同位に位置づけられ、日本茶として高級な部類のものではないとされています。しかし、ほうじ茶飲用の習慣が深く根付いている京都では、上質なほうじ茶が料亭の改まった席で供されることも珍しいことではなくなっています。 また、昔から病院に入院時の食事の際や病気の時の水分補給にほうじ茶が出ることが多いが、煎茶と同等のカフェインを含むので注意が必要があります。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%98%E8%8C%B6)

製法

葉が赤茶色に変わるまで強火で焙じて作る。日本茶業中央会の定める緑茶の表示基準では「ほうじ茶とは、煎茶や番茶などを強い火で焙って製造したもの」と定義されており、緑茶の1分類です。今日の製法は、1920年台に京都において確立されたと言われています。

製茶業者は専用の大がかりな焙煎器を使用します。家庭で茶葉を焙ずるには、一般的に焙烙(ほうろく、ほうらく)という磁機などの焙じ器が使われます。簡易な方法としては、厚手の鍋やフライパンで代用することもできます。

バレンタインセール開催中

食べ比べセットがお得な価格に

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Cart