チョコミントの歴史の記事のサムネイルです。

チョコミントいつ作られたの?

綿菓子の味にもあるチョコミント。

さっぱりしたミントと甘いチョコパウダーがかかっておりアイスのものとも相違ない味になっています。

今回はそんなチョコミントについて書いて行きます。

歴史

チョコミントの発祥はアイスクリーム発祥の地・イタリア、ミント発祥の地・トルコなど、諸説ありますが、一番有力なのが、アメリカのアイスクリームショップ・ サーティワンです。

サーティワンからチョコミントのアイスクリームが発売されたのが、1945年。

日本にチョコミントを持ち込んだのも、サーティワンと言われています。

チョコミントは比較的新しい味なんです。

見た目

あざやかなブルーが印象的で、見た目からも清涼感のあるチョコミントですが、色はどうやって出来ているのでしょうか。

チョコ「ミント」というだけあって、ミントの葉を連想しがちですが、ミントでは鮮やかなブルーは再現できません。

チョコミントは、実は「 スピルリナ」という海藻からできた色素で色付けしています。

色素をつけないと、バニラクリームの色で白黒のチョコチップアイスのような見た目になります。

スピルリナはサプリメントなどの健康食品としても有名ですが、光合成をするスピルリナの藻の色素を取り出して、チョコミントに使用しているんですよ。

原料は海藻ですが、使用しているのは色素なので、海藻の風味はありません。

 

(引用:https://kaiun-net.com/chocomint/)

バレンタインセール開催中

食べ比べセットがお得な価格に

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Cart